札幌のレトロな魅力を探しています。


by retro21
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

骨董屋の猫

新しく作ったばかりのブログのテンプレートを見て、家族が「このネコ、"こぜに"みたい~」と笑っていました。
"こぜに"というのは、北6条にある「アンティークショップ クレイドル」で飼われているネコの名前で、クレイドルには"おつり"と"こぜに"という2匹のネコがいます。
2階で商品を見ていると、どこからともなくこれらのネコが現れて、足元にじゃれてきたりします。
古道具にネコというのも、なかなか似合うんです。
我が家族などは、これらのネコ見たさに「クレイドル」まで足を運ぶことさえあるくらいで(笑)
もちろん、僕は家族がネコと遊んでいる間にも、何か目新しい入荷はないものかと、店内をグルグルと徘徊しているわけなのですが。

骨董屋の猫というと、「カバシマヤ」の"ニャンケル"も有名(?)です。
南3条の「カバシマヤ」に行くと、元気なネコが店内を走り回っていて、ガラス雑貨の多い店内が大丈夫なんだろうかと、心配になってしまいます。
「カバシマヤ」のホームページにも登場しているようなので、ぜひ一度ご覧になってみてください。
「カバシマヤ」には、他に金魚も泳いでいて、なかなか賑やかですね。

「カバシマヤ」というと、先週の土曜日に中島公園のフリマを見ていたら、店員の女の子(通称マイちゃん)とすれ違いました。
ちょうど出勤途中だったみたいですね。

ということで、骨董屋で見かけるネコの話題でした☆

アンティークショップ クレイドル
http://www8.ocn.ne.jp/~cradle/

レトロ&アンティーク カバシマヤ
http://www.kabashimaya.com/
[PR]
by retro21 | 2006-04-24 20:39 | 札幌骨董譚