札幌のレトロな魅力を探しています。


by retro21
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

雪印パーラーのマッチ箱

b0084331_21145324.jpg
b0084331_21151917.jpg

昔の喫茶店のマッチ箱にはおもしろいものがたくさんあります。
マッチラベルのデザインの楽しさでいうと、奇抜なデザインがすごい昭和初期のものか、モダンなデザインがカッコイイ昭和30年代のものに限ります。
特に、昭和30年代のものはまだ数多く残っていて入手しやすいので、コレクションにもぴったりです。

写真は、昭和30年代の雪印パーラーのマッチ箱。
マッチラベルに限らず、北海道らしい風景デザインが大好きなので、この雪印パーラーの北海道風景はお気に入りです。
ポプラ並木に青い空、白い雲。
テーブルの上にはコーヒーポット。
いかに北海道が素晴らしい土地であるかを主張しているかのようです。

裏面には、雪印パーラーのキャラクターと思える女の子の姿と雪印マーク。
あまり他では見かけることのないデザインですよね。

いろいろと問題のあった雪印ですが、北海道らしい企業の代表選手として、まだまだ頑張ってほしいです☆

b0084331_21235963.jpg

ところで、最近の夜のBGMはハリー・ベラフォンテの懐かしいラテン・ミュージックです。
特に「さらばジャマイカ」のアコースティックなサウンドを聴いていると、良い気持ちになって夢の中で南の島に飛んでいきます(笑)
北海道大好き人間なんですが、南の島への憧れも人一倍強いんですよね~。
ハリー・ベラフォンテの「ダニー・ボーイ」は、僕の精神安定剤のひとつです。
はらわたが煮えくりかえるような気持ちのときには、とりあえず「ダニー・ボーイ」を聴きます。
村上春樹さんの「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド」でも重要な役割を果たした「ダニー・ボーイ」はさすがに名曲ですね。
ギラギラした太陽が浮かぶ青空の下、砂浜の木陰にキャンプベッドを持ち込んでゆったりお昼寝したいです☆
[PR]
by retro21 | 2006-05-09 21:31 | 紙モノ